-出産

2009年8月アーカイブ

出産の用意

| コメント(0) | トラックバック(0)

出産準備Bセット【布おむつ3&おむつカバー2】◆純オーガニックコットン100%

 

出産の用意は、約8ヶ月までに済ませておくと良いと言われています。ベビーベットやベビー布団等の生活用品から、チャイルドシート・ベビーカー・スリング・抱っこ紐等の移動時に必要になる物まで、出産後に揃えても十分に間に合う物もあります。

出産の時に必ず必要な物は、赤ちゃんの衣服とお母さんのお産用品です。各病院で、出産に関するしおりを作成していると思われますが、臨月が近くなってくると入院時に必要な物のリストを教えてもらえます。

出産をしてから退院まで、赤ちゃんは病院で決められた衣服を着用している事が多く、用意するベビー服は退院時に必要になるケースが殆どです。しかし中には、出産後から自分で用意したベビー服を着せる産院もあるので確認が必要です。

お母さんが入院時に必要な物は、身体を締め付けない様なパジャマと授乳に対応できる下着等ですが、出産の時に使うさらしやバスタオル・生理用品等はすぐに持ち運べて、使用出来る様に入院の荷物とは別の物としてまとめておくと良いです。

妊娠5ヶ月頃から着用する腹帯は、出産後使用する人もいますが現在では、しっかりと腰周りを支えてくれるガードルもありますので、腰痛や子宮の収縮が気になる方はガードルも用意しておくと便利です。


第1段!タミータブの中に入れました!ベビー出産準備用品が勢揃いしてます!これだけあれば赤ち...

 

出産までにする検査で毎回行なう事になるのが、尿検査・血圧測定・体重測定です。出産までの期間中行なわれる事になる尿検査では、たんぱく質や糖分が出ていないかをチェックし、妊娠中毒症や糖尿病になっていないかを確認する意味があります。

そして、出産まで計る血圧は妊娠中毒症を早期発見出来る事もありますし、高血圧が続くと赤ちゃんにも良くないので高血圧気味の方は食事にも気をつけなければいけません。
また体重管理も重要な事で、出産をするまでに約7キロ~10キロの増量が好ましいと基本的には言われていますが、個人の身長や妊娠前の体重・体格によっても違ってきますので、主治医の意見を聞く事が大切です。

体重・尿・血圧の検査の他にも、出産までにはエコー・超音波検査も行ないます。
エコー・超音波検査では、出産が近づくにつれ大きく成長しているお腹の中の赤ちゃんの様子を中心にお母さんの子宮内に問題がないかの確認も同時にします。最近では3Dで赤ちゃんが確認できる装置が設備されている病院もあり、出産前にリアルな子供の映像を喜ぶプレママ達が多くいます。

出産をする女性は、血液検査で血液型の確認や癌検査も同時に行い、赤ちゃんに影響を及ぼす様な病気にかかっていないかを調べる事になります。

 

 通販 妊婦  通販 子供服  通販 赤ちゃん用品  通販 コンタクトレンズ

出産の痛み

| コメント(0) | トラックバック(0)

いいお産グッズ 『出産準備はこれでバッチリ♪』グリーンタ-ターンチェックとリネンの巾着袋...

 

出産を知らせる痛みを、陣痛と言います。陣痛は、出産が近づくと赤ちゃんを外へ出そうと子宮が収縮する為に起こる痛みで、陣痛の間隔が10分や5分間隔になると病院に行かなくては行けません。陣痛の痛みは個人個人で違い、出産になる人もいますし陣痛の強さが弱まってしまう人もいます。

出産の時に陣痛が弱まってしまう事を、陣痛微弱と言います。陣痛微弱の場合は、陣痛促進剤を使用して赤ちゃんが出て来やすい様にしたり、子宮口が既に10センチ開ききっている場合には、吸引やかん子分娩になる事もあります。出産時間が長くなって母体に疲労が掛かり過ぎないように、医師や助産士さんが判断します。

分娩時間も個人によって様々ですが、出産を初めて経験する方で大体約10時間掛かる人もいますし、6時間弱でお産される方もいます。陣痛が痛みが約1日続く方も多くいて、出産に関しては何が起こるか分らないので、助産士さんや医師は臨機応変に対処をしてくれます。

また、出産までにならない陣痛を、前駆陣痛とも言います。前駆陣痛は、痛みが不規則で痛くなったり治まったりの繰り返しで最終的には痛みが遠のいてしまうので、出産にはならない事が多いのです。出産が初めての方で陣痛の痛みかどうなのか分らない時は、早めに病院に連絡する事をお薦めします。

 

 美容 整形 目  美容 整形 鼻  美容 整形 二重まぶた  通販 出産準備

出産方法

| コメント(0) | トラックバック(0)

育児日記の定番!出産準備ダイアリーと一緒にプレゼントしてもオススメです♪【1冊までメール便...

 

出産には大きく、無痛分娩と自然分娩の二つの方法があります。出産時に、麻酔により痛みを感じる事無く赤ちゃんを産めるのが無痛分娩で、個人の希望で最初から準備をする事もありますが、過強陣痛(陣痛が非常に強い事)や軟産道が硬い(赤ちゃんが出てきにくい)症状の方は、自然分娩中の途中から無痛分娩に切り替えられる事もあります。

出産を海外で体験する方も多くいます。海外では、出産方法の基本は無痛分娩と言っても良いぐらいの割合で多くの方が無痛分娩を選んでいます。日本では、出産は自然にといった考えを持たれている方の割合が多く、自然分娩で赤ちゃんを産む女性が殆どです。しかし現在では、出産関係についてをネットでも簡単に調べる事が出来ますので昔に比べ無痛分娩への知識も高まり、体験を実際にしている女性も多くいます。

出産時に感じる痛みは時が経つと共に忘れてしまうものだと言われています。出産について、海外では無理に痛い思いをする事もないといった考え方も多くあるようですが、日本では痛みと共に感じる喜びをと、出産は自然分娩を希望するといった考え方の違いは各国で様々です。

出産は、女性にしか経験できない事でもあり、言葉では表せない程の痛みと喜びが感じられる事でもありますから、妊娠が分った時から約10ヶ月間の間で、どの様な産み方を自分がしたいのかを考えてみる事も良いのではないでしょうか。

 

 風水 間取り  風水 恋愛  風水 金運  美容 整形 若返り
カテゴリー
更新履歴
出産の用意(2009年8月 3日)
出産までにする検査(2009年8月 3日)
出産の痛み(2009年8月 3日)
出産方法(2009年8月 3日)
カテゴリー
更新履歴
出産の用意(2009年8月 3日)
出産までにする検査(2009年8月 3日)
出産の痛み(2009年8月 3日)
出産方法(2009年8月 3日)