Top > 出産までにする検査

出産までにする検査


第1段!タミータブの中に入れました!ベビー出産準備用品が勢揃いしてます!これだけあれば赤ち...

 

出産までにする検査で毎回行なう事になるのが、尿検査・血圧測定・体重測定です。出産までの期間中行なわれる事になる尿検査では、たんぱく質や糖分が出ていないかをチェックし、妊娠中毒症や糖尿病になっていないかを確認する意味があります。

そして、出産まで計る血圧は妊娠中毒症を早期発見出来る事もありますし、高血圧が続くと赤ちゃんにも良くないので高血圧気味の方は食事にも気をつけなければいけません。
また体重管理も重要な事で、出産をするまでに約7キロ~10キロの増量が好ましいと基本的には言われていますが、個人の身長や妊娠前の体重・体格によっても違ってきますので、主治医の意見を聞く事が大切です。

体重・尿・血圧の検査の他にも、出産までにはエコー・超音波検査も行ないます。
エコー・超音波検査では、出産が近づくにつれ大きく成長しているお腹の中の赤ちゃんの様子を中心にお母さんの子宮内に問題がないかの確認も同時にします。最近では3Dで赤ちゃんが確認できる装置が設備されている病院もあり、出産前にリアルな子供の映像を喜ぶプレママ達が多くいます。

出産をする女性は、血液検査で血液型の確認や癌検査も同時に行い、赤ちゃんに影響を及ぼす様な病気にかかっていないかを調べる事になります。

 

 通販 妊婦  通販 子供服  通販 赤ちゃん用品  通販 コンタクトレンズ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
出産の用意(2009年8月 3日)
出産までにする検査(2009年8月 3日)
出産の痛み(2009年8月 3日)
出産方法(2009年8月 3日)